レディ

二重整形で印象的な目元をゲット【クリニック選びのコツを伝授】

  1. ホーム
  2. 埋没法でくっきりした瞳に

埋没法でくっきりした瞳に

鏡を見る人

受けられる内容と注意点

二重整形の埋没法は、切らずに針と糸のみでまぶたに折り目を付ける方法です。これをほどこすと、一重まぶたもくっきりとした印象になります。また切開するやり方よりも負担がかからないので、ダウンタイムや後遺症の心配がほとんどありません。埋没法では眼板か挙筋に縫合糸を通す術式がとられることが多く、一見しただけでは手術した跡は見えなくてすみます。縫合に使用する糸は丈夫なナイロン製なので、瞬きを繰り返した程度では元に戻ることもないはずです。なお施術に際してより慎重を期する場合は、いったん仮止めをしてから本格的な仕上げをしましょう。そこで糸の張り具合や緩さを十分確かめたうえで、問題なければそのまま縫合して完了します。ただし仮止めを実施しているクリニックは意外に少なく、希望しても受けられないこともあるのでそのつもりで受けましょう。また二重の整形である埋没法は、クリニックによって縫合の時の糸のかけ方が違います。その病院独自の術式を取っている場合もあるので、施術を受ける時はそこもしっかり確認しておくようにしてください。縫合の仕方ですが、2点留めといって2つの結び目で留める術式が一般的です。他にも3点留めや4点留めなどを採用しているクリニックもあるので、糸のかけ方や仮止めの有無と共にここも忘れずに確かめておきましょう。埋没法の二重整形では、施術の際に麻酔を使用したり針と糸で縫合したりするので術後に若干腫れや赤みが出ます。しかしそれは一時的な物ですむことがほとんどなので、あまり過剰な心配をする必要はありません。これ以外では、糸をかける部分によっては目元が腫れぼったい雰囲気になることもあります。そんな風に仕上がりが希望通りにならないこともあるので、施術を受ける場合は仮止めをおこなってくれるところや伸縮性のある縫合糸を使用して微調整してくれるクリニックを選びましょう。また縫合糸の結び目が多ければ多いほど強度がありますが、その分まぶたに負担をかけてしまい晴れを引き起こしてしまいます。そのため施術する際は、仕上がりと安全性のバランスが取れた方法を選ぶようにしてください。加えてまぶたの厚みやまぶたの筋肉の動きによっては、埋没法の二重整形に適さない方もいます。あまりに皮膚が厚かったりまぶたを開く力が弱かったりする方だと、埋没法の縫合糸だけではまぶたを支えきれないこともなくもありません。その場合でも希望次第で埋没法が実施できることがありますが、望んだ通りの結果を出せない可能性もあります。埋没法をトラブルなく実施するには、やはり医師とよくカウンセリングして意思疎通しておくことが大切です。それ次第で施術後におこることの心構えも違うのでまったく違った結果になるでしょう。