レディ

二重整形で印象的な目元をゲット【クリニック選びのコツを伝授】

  1. ホーム
  2. ぱっちり大きくしよう

ぱっちり大きくしよう

ウーマン

ふたえの施術

二重になる方法はたくさんあります。アイプチやアイテープ、自分で癖をつけるなどです。それらを試した人はたくさんいますが、それだけでは限界を感じる人も多くいるのではないでしょうか。まぶたが厚くてアイプチが合わなかったりすぐに取れてしまったりする場合です。しかし、諦める必要はありません。二重整形は誰でも二重を手に入れられます。いろんな人が理想のまぶたになったおすすめの施術です。2つの施術があり、好きな方法を選択できます。まずは切開法です。メスを入れて好きな幅に形をつくる施術をします。ダウンタイムは1週間位ありますが、1度すると半永久的に二重になります。全切開法と部分切開法があり、それぞれ価格が違っています。施術時にメスを入れ糸を通して、1週間程度で抜糸します。ちゃんと麻酔を打つので痛くはたいです。まぶたが厚めの人に向いており、薄い人には向きません。次はメスを入れずに二重にする埋没法です。切開法より安くてハードルが低いです。医療専門の糸をまぶたに通すだけです。時間もあまりかからず、痛みもなくダウンタイムもみじかめです。まぶたが薄い人に向いています。整形は決して悪いことではありません。コンプレックスを気にして過ごすのはもうやめて、整形で新しい自分に生まれ変わりましょう。ぱっちり大きな目は日本人女性の憧れです。日本人は一重まぶたの人が多くを占めています。アジア人は一重の割合が高めで、二重の人は少数派です。左右で違う幅だとか、片目だけ一重だとか何かしらの悩みを抱える人が大多数います。くっきりふたえは目が大きくぱっちりするので、憧れる人がたくさんいるのです。あなたも整形で一重の悩みを解決しましょう。二重にも種類がいくつかあります。幅広型のまぶたは、目の存在感をアップさせ化粧が映えるまぶたです。目尻に近いほど幅広な末広型まぶたは、日本人に多い形です。幅が狭いと一重や奥二重まぶたに見える場合があります。平行二重まぶたは、目頭から目尻までの幅が同じです。目が大きく見えるのでいちばん人気があります。どんなまぶたが好きなのか、自分にあったのはどれなのかを吟味した上で施術に臨みましょう。整形外科や美容外科のクリニックで整形できます。口コミや表皮を確認して良いクリニックに行くのがよいです。受診したらまずはカウンセリングで、なりたいまぶたを医師と相談します。納得するまで話し合うのをおすすめします。経験不足で下手な人だと内出血したり腫れたりしてしまいます。十分経験を積んだ医師に施術を任せましょう。